法律相談Q&A(保証について)

法律相談Q&A
Q 最近,友人から「絶対に迷惑をかけないから」と言われ,保証人になってほしいと頼まれています。
  その友人とは付き合いが長く,困っているなら助けてあげたいと思うのですが,保証人になるときにはどのようなことに注意する必要があるのでしょうか。

A まずは保証人について正確な理解が必要です。
  保証契約とは,いざという時に,主債務者(お金を借りた人)に代わり,債権者(銀行など)に支払いをすることを内容とする契約です。
  いくら「絶対に迷惑をかけない」と言われ,それを信じたとしても,債権者との関係では何の意味もありません。
  「いざという時には自分が支払わなくてはいけない。」という覚悟をすることが重要です。
  実際に,保証人になるにあたっては,最低でも次の2つのことに注意してください。
  まずは,主債務者の資力や,返済の計画から,返済が実際に行われる見込みが高いかどうかを確認してください。
  次に,保証の内容について,保証する金額についてはもちろんのこと,1回の借金についての保証なのか,複数の借金についての保証なのか,保証する期間はどの程度なのかなどをしっかりと確認してください。
  安易に保証人を引き受けることは厳禁です。
  いざという時の覚悟を持ち,リスクを負う範囲を把握することが重要です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です